最新記事

介護系派遣で働こう

派遣会社では優先順位を伝える

介護系派遣で働こう

優先順位付けは必須

2015.11.17

派遣会社は、登録時に設定した条件を元に仕事を紹介してくれます。求める条件の優先順位を明確に提示することで、仕事の紹介がスムーズに行くことがあります。

優先順位付けは必須

優先順位

派遣会社から紹介される仕事というのは、すべて自分の希望がかなうわけではありません。何もかも希望通りにいくと勘違いして、条件をあれこれとつけてしまうとかえって仕事を紹介してもらえなくなってしまいます。
そこで、これだけは譲れないという仕事に関する条件を3~4個あげて優先順位をつけて派遣会社に提示するとよいでしょう。自分がもっとも大切にする条件を派遣会社が理解してくれていれば、希望する仕事に近い仕事を紹介してくれるでしょう。派遣会社としても、大切にすべきところがはっきりとしているほうが仕事を紹介しやすいのです。例えば、1.仕事の内容、2.通勤時間、3.勤務曜日、4.時給が高いなどです。

リクエスト

派遣会社のコーディネーターに自分の希望を伝えるときには、仕事内容についての希望を中心に話をすると良いでしょう。例えば、「経験が少ないため、多少仕事が大変でも良いので次につながるような仕事がしたい」や「今のスキルを生かして仕事がしたい」という前向きな希望は妥協せずにしっかりと伝えて仕事の紹介を待ちましょう。しかし、仕事内容には一切こだわらず、職場の環境や雰囲気、条件面の希望だけを伝えてしまうと、コーディネーターからは、わがままな人、やる気のない人というレッテルを貼られてしまいます。
良い例としては、「希望は事務職です。10時出勤で残業がないところが良いのですが、現在PCのスキルアップのため勉強中なので、今後に役立ちそうな仕事であれば多少条件が違っても大丈夫です。」となります。
反対に悪い例としては、「とにかく通勤時間重視でお願いします。仕事内容は何でも良いので、30分以内で通勤できて時給の高いところが希望です。」となります。

最終的には仕事ありき

派遣社員は職場や仕事が選べる。というキャッチフレーズを多くの派遣会社が掲げています。ですが最終的には、仕事ありきという事を忘れないようにしましょう。これからの自分を伸ばしていけるような仕事や自分のスキル、持ち味を発揮できる職場ということであれば、希望を出すことは決してわがままにはなりません。会社に就職する場合を考えて見てください。面接を受ける際に、自分にどのような仕事を任せてくれますか?という質問はしても、友達を作りやすいですか?という質問をする人はいないでしょう。
派遣会社に伝える希望はあくまで、仕事をするにあたりという前提がつくこと、また希望は常識の範囲内ということを理解しておきましょう。

オススメ記事 PICK UP!

ワークライフバランスの良さワークライフバランスの良さ

介護職で正社員よりも高い給与を得るには派遣になるのが一番です。派遣であれば自分の都合の良い日に働くことができます。人員が足りないからと社員のように人員のしわ寄せを受けることもありません。正社員であればサービス残業もありますが、派遣であれば働いた分はきちんと給与に反映されます。このようにワークライフバランスを保てるのが派遣の良いところです。