最新記事

介護系派遣で働こう

面接と同じ派遣登録

介護系派遣で働こう

登録も面接と同様に

2015.11.12

派遣社員にとって、所属元となる派遣会社はいわば身内です。仕事探しに必要な情報をしっかり派遣会社に伝え、常識をわきまえた対応を心がけましょう。

登録も面接と同様に

派遣登録

実は派遣会社は電話やメールによる登録を受け付ける時点から選考を開始しています。電話での応対やメールの文面が社会人として逸脱している場合には、仕事の紹介どころか登録さえ受け付けてくれない会社もあります。お客様である派遣先企業に人材を派遣する派遣会社にとって、派遣登録とは商品選びと同じことです。嫌な言い方をすれば選ばれた商品になるため、派遣の登録作業は仕事に直結する大切なイベントであることを認識しましょう。

誠実な対応

派遣会社への登録で、仕事を紹介してくれるなら何でも良いなどといった仕事に対する考え方がいい加減な人も、派遣会社から敬遠されます。派遣会社のうたい文句として、自分らしく仕事ができるというものを多く見かけます。ですがそれは、あなたのわがままを聞いて仕事を探しますという意味ではありません。
前の職場で経験した辛い思いを二度としたくないという気持ちは理解できます。だからといって、それがあまりにも常識を逸脱している場合には、この人に仕事を任せて大丈夫だろうか?という気持ちが派遣会社側に沸いてきて、仕事を紹介するにはいたらないでしょう。
派遣の登録では率直にハッキリとした物言いは必要です。しかし、あまりにも正直になりすぎて常識のない人という印象を与えないようにわきまえた対応を心がけましょう。

親しき仲にも礼儀あり

派遣会社と派遣社員には、互いの間に雇用という関係があります。その事を考えれば、派遣先との関係よりも強固な関係であるべきです。仕事上での困りごとや日々の様子について打ち解けて話が出来る事は理想ですが、友達言葉で話したり、わがままになりすぎるなどあまりに遠慮がないのも考えものです。
これはコーディネーターに対しても同じです。相性が良く何でも話せる関係が築ける事は、派遣社員として理想的なことです。しかし、仲良くなりすぎる事も考え物です。友達言葉で派遣会社の担当と接していると派遣先の社員の悪口やうわさ話、わがままとしか捉えられないお願い等、派遣社員としての品格が問われる発言をして、思わぬところでボロが出てしまうこともあります。
自分の素直な気持ちを伝える事は、友達言葉ではなくても出来ます。しっかりと敬語を使い、礼儀の上で一線を引くように心がけましょう。

オススメ記事 PICK UP!

ワークライフバランスの良さワークライフバランスの良さ

介護職で正社員よりも高い給与を得るには派遣になるのが一番です。派遣であれば自分の都合の良い日に働くことができます。人員が足りないからと社員のように人員のしわ寄せを受けることもありません。正社員であればサービス残業もありますが、派遣であれば働いた分はきちんと給与に反映されます。このようにワークライフバランスを保てるのが派遣の良いところです。