最新記事

介護系派遣で働こう

今、成長産業である介護が熱い

介護系派遣で働こう

成長産業の介護業界

2015.10.20

少子高齢化の始まっている日本では、介護はこの上ないほどの成長産業です。

成長産業の介護業界

介護業界の成長性

団塊の世代が65歳を迎え、介護サービスの利用がより活発になってきています。そのため、多くの人が介護職を希望しはじめ、誰でも就職できる施設というものも少なくなってきました。利用者が増えれば比例して介護者の数も必要になってきます。高い需要には供給が必要です。これからもどんどん人材や施設の補給が必要になってくるでしょう。
介護業界は成長産業として注目され、これをきっかけに内側から改善されていくという可能性もあります。多くの人が介護に接することで、介護に対する考えが変わっていくということも考えられます。これまで雇用に困っていた人たちもここにきて、どんどん介護への就職に前向きになっていきます。成長産業として期待できることは沢山あるので、これらをきっかけにさらなる発展を望むこともできるでしょう。

介護の活発化

介護に対する需要や人材の供給が増えても、仕事の内容などが大きく変わることはありません。人材の支援をすることはありますが、より成長させるなどの士気を高めることは難しいでしょう。そのため、もともと介護を志していなければ挫折してしまうという人も少なくはありません。介護業界は活発でありながらも離職率が高いというのが現状です。また、問題の1つに低賃金であることも含まれています。
成長産業として介護業界にスポットライトが当てられたことをきっかけに、介護というものがより活発になり多くの人との関わりが生まれていくことになります。あらゆる人や考えに触れることで介護へのネガティブイメージが払拭され、介護というものがより一般的になる可能性もあります。一般的になれば、さらにそれをきっかけにして多くの人が介護に触れることになります。そうなれば介護業界は、より活発になり成長産業として大きな存在になっていくことでしょう。 

介護従事者の増大

2002年においては、製造業約1200万人に対して、医療福祉は約480万人という数字でした。ところが、2013年においては製造業が約1000万人となりました。つまり、10年間で約200万人減少したということになります。その半面で医療福祉は約750万人になりました。10年間で約300万人増加したということです。
この傾向が継続するとすれば、2023年に製造業が約800万人、医療福祉が約1050万人となり医療福祉の従業者数は、製造業就業者数よりも多くなることになります。さらに2043年には製造業が約400万人、医療福祉が約1650万人となり医療福祉は就業者数で見ると製造業の約4倍近い大きさになることが予想されます。

オススメ記事 PICK UP!

ワークライフバランスの良さワークライフバランスの良さ

介護職で正社員よりも高い給与を得るには派遣になるのが一番です。派遣であれば自分の都合の良い日に働くことができます。人員が足りないからと社員のように人員のしわ寄せを受けることもありません。正社員であればサービス残業もありますが、派遣であれば働いた分はきちんと給与に反映されます。このようにワークライフバランスを保てるのが派遣の良いところです。